アーカイブ

カテゴリー

処置より術後に時間がかかる

包茎手術に対して、最近では痛みが少ないような工夫をしたりする事で負担を非常に軽くしてくれるなど患者への術後のアフターケアも非常に徹底してきているんです。
当然、包茎治療の処置を終えた後というのはそれなりに傷が回復するまではある程度生活などが制限を受ける事もありますが、基本的には普段通りの生活を送る事は可能です。
ただ、性的なことについては我慢しなくてはいけないのでその点に関しては注意ですね。
セックスは勿論ですが、オナニーなども基本的には我慢しなくてはいけないのですが、そうなって来るとペニスが勃起するのも我慢しなくてはいけないのでは、と思う人もいるかもしれません。
確かにイメージ的には、ペニスを縫合しているのに勃起したりしたら皮が突っ張って痛むのでは、と思う人もいるでしょう。
しかし、基本的には自然に勃起する分には特に問題はないのです。
というか、もし勃起しないようにしなくてはいけなかったらそれこそ頭の中で興奮するようなことを考えたりしてしまった時なんか大変になってしまいますよね。
とはいえ、意図的に勃起させる、つまりペニスに性的な刺激を自分で与えるというようなことはやはり行わない方がいいようです。
包茎治療、というのは処置自体はそれほど時間のかかる事ではないのですが処置をした後でおよそ完全に治って定着するまで三週間から四週間程度の時間がかかると言われています。
なので、例えば恋人がいたりする場合なんかは恥ずかしいかもしれませんが思い切って打ち明けた方がいいでしょう。
三、四週間近く理由もなくセックスを拒否していたら浮気を疑われてしまっても文句は言えませんからね。
せっかく恋人とのセックスを充実させようとしているのに恋人をそれで失ってしまっては本末転倒です。
大事な人だからこそ恥ずかしい事を知られたくない気持ちはわかりますが、大事な人だからこそ隠し事などはしない方がいいということもあるということですね。

関連記事:

ページ上に戻る