アーカイブ

カテゴリー

治療の術後などについて

包茎治療のために、包茎手術をする事が最近ではある程度増えて来てこそいるのですがそれでもまだまだ詳しい内容についてはやはりそれほど知名度が高いとは言えませんね。
なので、包茎治療に興味がある人や今後包茎手術を受けてみようと思っている人はまずはどういった流れなのかという事を知る事が大事です。
まず、意外と知らない人が多いのですが包茎治療というのは行って皮を切ってそれではいおしまい、すぐにもういつも通りの生活を送る事が出来るという物ではないのです。
包茎治療であっても、整形外科手術と同じなので当然ではありますが術後なんかも傷口が完全に治癒するまではある程度制限がかかったりするという事があるのです。
施術を終えた後も、抜糸するまでは包帯を巻いたりしてしばらくお風呂に入れなかったりしてシャワーだけで済まさなくてはいけなくなったり、スポーツやセックス、オナニーなどを我慢しなくてはいけないという期間があるのです。
詳しい注意事項や、詳細などは処置をする前に医院で説明がありますのでそれについて厳守しないと仕上がりがせっかく綺麗なのにそれが完全に定着しないというような事になってしまう事もあるんですね。
とはいえ、包茎治療はほかの病気や怪我と違って処置を終えた後に入院する必要はありませんので処置が終われば同日中に帰宅する事が出来ます。
ある程度、生活に制約こそがつきますが基本的に日常生活は普通に送る事が出来ますのでわざわざ仕事を休んだりしなくてはいけないというようなことは、体を動かすような仕事でもない限りはする必要がないのですね。
そして、そう言った説明も含めたアフターケアをより徹底しているのは泌尿器科のような病院ではなく、ペニスの事を専門的に取り扱っているような機関です。
保険が使えないなどのデメリットはありますが、処置を終えた後の生活の事まで考えるとやはり専門機関に依頼した方がより安心して不便さもなくなるかと思います。

関連記事:

ページ上に戻る