アーカイブ

カテゴリー

更新情報

2015-09-24
治療にかかる時間などの情報を更新しました。
2015-09-24
治療の術後などについての情報を更新しました。
2015-09-24
手術商法にご用心の情報を更新しました。
2015-09-24
術後の生活で出来るケアの情報を更新しました。
2015-09-24
処置より術後に時間がかかるの情報を更新しました。

包茎治療をする機関について

自分の包茎について悩むという人は特に日本人男性に多いようですね。
単純に、日本人が包茎になりやすいという事は勿論なのですが特に日本人というのは性的な問題についてコンプレックスを抱きやすく悩みやすいというような性質があるのですね。
だから、日本では特にこう言ったペニスの問題についても専門機関などが発達するなどして、ケアの体制がどんどん出来上がってきています。
しかし、日本の医療体制というのは実は欧米に比べると非常に遅れていて独自の体制を持っているためまだまだ不便な点や問題点という物があります。
そして、その問題がこのペニスの包茎治療についてもやや誤解を受けたり正しく理解を受けていなかったりするような場合があるのですね。
例えば、包茎治療をするための医院や機関というのは一種類ではないのです。
具体的にどういう物があるのか、ということですがペニスの包茎治療の処置をとってくれるのは泌尿器科や包茎クリニックというような物があるのですがそもそもその二つの違いが分からないという人もいるのです。
だから、どっちがどっちかもわからずに適当に選んでしまって後悔してしまうというような人も結構いるのですね。
具体的にどう違うのか、というと前者はあくまで病院であり専門的に取り扱っているのは尿路系や生殖器など、下半身を司る部分の色んな事を広い範囲でカバーしているのです。
皮が被っている事だけではなく、尿路感染症や膀胱、前立腺や睾丸など生殖器周り全体の事を取り扱うような物なのです。
逆に、後者はというとあくまでペニスの事を専門にしたような物という物なので実は包茎治療一点で見るのであれば後者の方がより専門的だ、という事なのです。
だから、例えば外科手術での処置をする場合でもあくまで前者は医療的に治す事を優先していますので皮が剥けた状態であればいいというような具合に処置をする事が多いのです。
そうなると、ペニスの形や色が不自然になったりセックスの快感減少につながったりする場合もあるのです。
しかし、後者であれば包茎治療は専門中の専門なので外科手術だけでなく整形的な部分でもしっかりとケアをしてくれます。
自然な見た目の仕上がりや、セックス時の快感など性生活についてのアフターケアもしっかりしているのです。
泌尿器科の場合、包茎治療にも保険が利くなどのメリットはあるのですが将来の事を考えればやはり後者を選ぶ方が自分でも納得する事が出来る道だと思います。

ページ上に戻る